永眠 

           私のお墓探し 

永代供養墓という選択

平成24年3月、東京都の発表によると都内の1世帯当たりの人数が1.99人となり、初めて2人を下回りました。都内で1人世帯が急激に増加したことがわかります。都内の高齢者人口は263万人、人口比率は20.76%と過去最大です。しかし、これは東京だけの問題ではありません。現代の少子高齢化、核家族化、非婚化、一人世帯(お一人様)の増加は従来からのお墓の継承を揺るがしています。「将来無縁墓になる可能性はあるか」との調査でも半数近くの人が、「無縁墓にる」「なるかもしれない」、と不安を抱えています。1人世帯が増加し土地の少ない都会では、時代のニーズに対応して「継承者の有無に関係なく、寺院や霊園が遺骨を埋葬管理し、永代に亘り供養するお墓」永代供養墓の認知度が上がり支持されています。また地方からも息子が都会で家を建てた、一人娘が都会に嫁いだなどの事情で最後は子供の近くのお墓にと考える人も少なくありません。 社会が多様化する現代に合って個人のライフスタイルが尊重される時代、人生の終の棲家に「永代供養墓」を選び、生前から予約する人が増えています。

 

自分探しの旅・ふるさとに永眠する

「終活」という言葉をご存じですか?終末期のライフデザインを自分で設計師自分らしい最期を迎えるという考え方です。生まれた街育った街、暮らした街、そこがふるさとです。望ましい終末期を迎え、愛する街に永眠る、愛する街で自分らしく望ましい人生を終えるために「終活」を考え、自分らしい終の住処、お墓探しを散策する、そんな「自分探し・終活の旅」もよいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

産経新聞・くらしの百科・7月号

とコラボしました

 

 

 

 

 

 

くらしの百科

墓活 故郷東京に永眠る

PDFをクリックしてください 拡大されます

ダウンロード
27.6.15 くらしの百科・東京のお盆.tif.pdf
PDFファイル 1.7 MB


 

 

旅行読売掲載

kyoto My Town私の街に永眠る 京都逍遥

PDFをクリックしてください 拡大されます

ダウンロード
私の街に永眠る「京都逍遥」.pdf
PDFファイル 988.9 KB

 

 

 

旅行読売 臨時増刊号『東京さんぽ』

Yokyo My Town 私の街に永眠る私のお墓探し

 PDFをクリックしてください 拡大されます

ダウンロード
東京さんぽ.pdf
PDFファイル 1.2 MB

 

 

 

旅行読売掲載 本誌企画「東京さんぽ」

永代供養企画Yokyo My Town 私の街に永眠る

PDFをクリックしてください 拡大されます

ダウンロード
3.2旅行読売.pdf
PDFファイル 324.8 KB